台北101

e887bae781a3.jpg

台北101(タイペイいちまるいち、中国語: 臺北101)は、中華民国台北市信義区にある超高層ビル。高さ509.2mで、地上101階、地下5階からなり、名前はこれに由来する。

建設段階の名称は台北国際金融センター(中国語: 臺北國際金融大樓)。7年間の工期を経て、2004年に世界一の超高層建築物として竣工した。設計は李祖原建築事務所、施工は熊谷組を中心としたJVにより行われた。総工費は約600億元。

2004年12月31日、エントランスでオープンを祝う式典が催され、陳水扁中華民国総統も出席してのテープカットが行われた。また、2005年12月31日の大晦日にはこのビルのある市政府で、カウントダウンイベントが行われ、台北101から電飾と共に2分強の間、「節」などから大量の花火が打ち上げられた。

                              (ウィキペディアより引用)

台湾経済

342914182371.jpg

長い間、台湾と中国は犬猿の仲でしたが、2008年に台湾で国民党の馬英九氏が政権を発足させてから、経済面での中台関係は急速に改善してきました。

特に中台間の投資規制の緩和や、通航、通商、通信の「3通」は大幅に進展しました。
このため、台湾企業による対中投資の環境も整い、それが追い風となり、2010年6月には中台間のFTAといえる両岸経済協力枠組協定が締結されました。

対中投資制限が緩和されたことで、半導体や液晶などのハイテク産業の中国進出の門戸が開かれ、一方で、中国資本による台湾製造業の投資も開放されています。
今や、台湾にとっては中国との連携や分業は、文字通りの「Key Factor for Success」となっており、極めて重要な成長要因となっています。

26281524771.jpg252514154653.jpg

台湾地理

taiwan.jpeg台湾の面積は約35980Kuで日本の九州とほぼ同じ大きさです。台湾の北東部は日本の琉球諸島の西方海上にあり、沖縄とほぼ同緯度で与那国島と110Kmしか離れていません。

北部が亜熱帯、南部が熱帯に属している。そのため、北部は夏季を除けば比較的気温が低いのに対し、南部は冬季を除けば気温が30度(摂氏)を超えることが多くなっている。

平均降雨量は年間およそ2515mmであるが、降雨量は季節、位置、標高によって大きく異なっている。台湾は台風の襲来が多く、毎年平均3〜4個の台風に襲われている。台湾は台風で給水の大きな部分を賄っているが、同時に損壊、洪水、土砂流などの災害も発生している。

(上越の平均降雨量は年間およそ2755.3mmである

TPE_001.jpgimages.jpeg

台湾歴史

220px-Beinan_Archaeological_Site.jpg台湾島には、フォルモサ (Formosa) という別称が存在し、欧米諸国を中心に今日も使用されることがある。これは、「美しい」という意味のポルトガル語が原義であり、16世紀半ばに初めて台湾沖を通航したポルトガル船のオランダ人航海士が、その美しさに感動して「Ilha Formosa(美しい島)」と呼んだことに由来するといわれている。

17世紀にオランダとスペインに支配され、東インド会社の設立によって台湾は重要視され、当時の日本も強い興味を持っていた。

そのあと、台湾はいくつかの混乱や戦争に巻き込まれ、17世紀後半から清朝の「化外の地」とされ、19世紀後半から日本に支配されて、第二次世界大戦後は中国の国民党に支配されて来ました。

1996年から民主化が進み台湾史上の政権交代が実現されたが、中国との関係を悪化させた。しかしながら、経済的には中国と強い関係を持っており、中国経済抜きでは台湾の経済が成り立たない状況になっている。 

                                  (ウィキペディアより引用)

taiwan_taipei.jpg 201004090857-1.jpg


台湾ビジネス視察ツアー

台湾タワー01.jpg

台湾(たいわん、Taiwan)は、アジア大陸の東南沿海、

太平洋の西岸に位置する島嶼である。

別称または美称としてフォルモサ(Formosa, 麗しの島)がある。

また台湾という呼称にはいくつかの使われ方があり、

その歴史や政治状況を反映して、

広義には地域または政治実体としての呼称としても用いられる

歴史 地理 経済

台北101

Jiufen-mosh-toppic.jpg

台湾ビジネス視察ツアー

~ Taiwan Business Supervised Tour ~

異国情緒の香りしつつどこか懐かしい景色が広がっている。そんな美しい台湾を会いに行こう。

旅行代金

お一人様 186,900円〜 (税込) 

行き先

台湾 台北

日数

3泊4日間

期間

2013年6月20~23日

利用空港

富山空港⇔桃園空港

締切

2013年5月24日

 

お申込み・ご相談:

各会計担当者

お問合せ:

kin@0255.co.jp

 

*多くの方が参加されると予想されますので、お申込みはお早めにお願いします。