従来型ホームページ(業者作成)

企業がホームページを作成する場合、通常はホームページ作成会社に依頼します。

プロの制作業者に頼めば「お洒落な」ホームページを作ってくれますし、問い合わせフォームや資料請求フォームといった、専門技術が必要な「CGIフォーム」も用意してくれます。

でもその代わり、初期費用としてかなりのホームページ作成コストを覚悟しなければいけません。

その上、新しいコンテンツを追加したり既存のページを修正する度に、4〜5万円の費用が必要になります。

ちょっと熱心にホームページの更新を行うと、1年で100万円以上の費用がかかるケースも決して少なくないのです。

そのため、業者にホームページを作ってもらった企業では、更新費用を惜しんでコンテンツの更新をほとんど行わないケースが少なくありません。

最初にホームページを作ったきり、1年に1〜2回しかコンテンツの更新を行わないのです。

業者にHP製作を頼んだ場合、この「コストを惜しんで更新を行わない」という点が、ホームページ失敗の最大の要因です。

 
季節が変わっても、あるいは実店舗での売れ筋商品が変わっても、まったくホームページのコンテンツを更新しないのですから、これではお客さんの気持ちを掴めなくても仕方ないかもしれません。