⇒読者に喜ばれるコンテンツとは

一般的にお客さんは、商品の紹介パンフレットだけを渡されても、その商品を購入しようとは思いません。商品パンフだけで物が売れるのなら、営業マンは必要ないですから。

そうではなくて、営業成績の良い営業マンは「商品の紹介」をする前に、「お客さんの悩みの解決策」や「お客さんのニーズを満たす方法」をお話しします。「ソリューション営業」とか「コンサルティング営業」というような言い方をされますが、「お客さんの悩みを解決するための情報」を最初に提供して、お客さんの信頼を勝ち取った後に、初めて商品の紹介をする訳です。

例えば、あなたが初めてお会いするお客さんの前で何を話すかを考えてみましょう。お客さんとお会いして、開口一番「弊社の商品は、このような特徴がありまして・・・」という話はしないと思います。

ご挨拶がすんだら、まずは簡単な自己紹介をして、その後「お客さんの話」を聞くと思います。お客さんの話を聞いて、「そうした悩みをお持ちでしたら、こんな風にすれば・・・」という感じで話しが展開するのではないでしょうか。

ブログも同じ事。いきなり商品紹介から始めても、なかなか物は売れません。あなたのブログにアクセスする人は、

   ・あなたの「商品」を買いに来ている
訳ではありません。商品を買いに来ているのではなく、

   ・自分の「悩みやニーズ」を解決する「情報」を収集する
ためにホームページにアクセスしているのです。当然、こうしたニーズに応えてあげないと、アクセスした人はあなたのブログに興味を失って、すぐに別のサイトに移動してしまいます。

決して「商品紹介」や「社長日記」が悪いというわけではないのですが、まずはお客さんの「悩みやニーズ」を解決する「情報」を提供することによって、アクセスしてくれたお客さんの気持ちを掴みましょう。言い方を変えると、お客さんにまずは「あなたのブログに興味を持ってもらう」ことが重要なのです。

商品紹介に興味を持つ人はあまりいませんが、「自分に役立つ情報」に興味をもつ人はたくさんいます。アクセス者に役立つ情報を提供して、「このブログは、役に立ちそうだ」と思ってもらいましょう。「このブログは役に立ちそうだ」と思ってもらって、初めて商品の紹介に興味を持ってもらえるのです。

この順番を間違えると、なかなかブログでは反応が取れません。