ドメイン名とは

 会社にとって社名(商号、屋号、等)は、大変重要ですよね。御社も何とかお客様に「会社名」を覚えてもらおうと、名刺に印刷したり、パンフレットに記載したり、色々と広告を出したり、大変な苦労をされていることと思います。

実は、インターネットにも社名(商号)があります。

この「インターネット社名」のことを「ドメイン名」といいます。

 電子メールやインターネットを使ったことがある人ならご存じだと思いますが、例えばマイクロソフト社の場合だと、

  ホームページの http://www.microsoft.com microsoft.com の部分
  電子メールの  taro_yamada@microsoft.com の microsoft.com の部分

を「ドメイン名」と言い、インターネットで社名を表す公的な登録事項です。

この「ドメイン名」の特徴は、誰でも登録できること、そして登録が早い者勝ちだということです。

 したがって、自社名と同じドメイン名を取得したいと思っても、誰かに取得されているともう後の祭りで、同じドメイン名は利用できません。

 例えば、ソニーが設立した「ソニー銀行(ソニーバンク)」のドメイン名は、“sonybank.net”です。本当は“sonybank.co.jp”というドメイン名を取得したかったのでしょうが、某企業に先に“sonybank.co.jp”を取得されてしまったため、泣く泣く“sonybank.net”を使っているのです。

この“sonybank.co.jp”の利用権については、訴訟問題にまで発展したほどです。

このように、誰かに先に取得されてしまうと、もうそのドメイン名は使えません。

したがって、インターネット上の商号(社名)である「ドメイン名」を早く登録しておくこと、これがインターネット時代の基本事項です。