台湾歴史

220px-Beinan_Archaeological_Site.jpg台湾島には、フォルモサ (Formosa) という別称が存在し、欧米諸国を中心に今日も使用されることがある。これは、「美しい」という意味のポルトガル語が原義であり、16世紀半ばに初めて台湾沖を通航したポルトガル船のオランダ人航海士が、その美しさに感動して「Ilha Formosa(美しい島)」と呼んだことに由来するといわれている。

17世紀にオランダとスペインに支配され、東インド会社の設立によって台湾は重要視され、当時の日本も強い興味を持っていた。

そのあと、台湾はいくつかの混乱や戦争に巻き込まれ、17世紀後半から清朝の「化外の地」とされ、19世紀後半から日本に支配されて、第二次世界大戦後は中国の国民党に支配されて来ました。

1996年から民主化が進み台湾史上の政権交代が実現されたが、中国との関係を悪化させた。しかしながら、経済的には中国と強い関係を持っており、中国経済抜きでは台湾の経済が成り立たない状況になっている。 

                                  (ウィキペディアより引用)

taiwan_taipei.jpg 201004090857-1.jpg