台湾地理

taiwan.jpeg台湾の面積は約35980Kuで日本の九州とほぼ同じ大きさです。台湾の北東部は日本の琉球諸島の西方海上にあり、沖縄とほぼ同緯度で与那国島と110Kmしか離れていません。

北部が亜熱帯、南部が熱帯に属している。そのため、北部は夏季を除けば比較的気温が低いのに対し、南部は冬季を除けば気温が30度(摂氏)を超えることが多くなっている。

平均降雨量は年間およそ2515mmであるが、降雨量は季節、位置、標高によって大きく異なっている。台湾は台風の襲来が多く、毎年平均3〜4個の台風に襲われている。台湾は台風で給水の大きな部分を賄っているが、同時に損壊、洪水、土砂流などの災害も発生している。

(上越の平均降雨量は年間およそ2755.3mmである

TPE_001.jpgimages.jpeg