日本はインターネット大国:eJapan計画

 長い長い平成不況が続いています。

政府もいろいろと対策を打っていますが、その一つに「eJapan計画」があります。

日本を世界一のインターネット大国にするために、多額の投資を行うという計画です。

その効果のほどは定かではありませんし、インターネットが新たな公共投資の場となるだけの気がします。

 

 少なくとも、政府が多額の予算を投入する以上、インフラは整っていくはずです。

そして2〜3年して景気が上向いてきたときに、このインフラを使ってインターネットで自社のビジネスを拡大する企業がたくさん出てくるでしょう。

 

 今からでも遅くはありません。

ホームページの作り方を学び、御社のホームページを作りましょう

御社は、その波に乗れますか?

 インターネットは、ノウハウが全ての世界です。

既存の商売は、今まで築き上げたブランドと、店の立地と、そしてコネが非常に大切でした。

でもインターネットは「ノウハウ」が全てです。

 

 いくら既存のブランド名があっても、インターネットで失敗している大企業はたくさんあります。

逆にインターネットで商売するノウハウを持つ企業は、例え中小零細企業でも相当の売上げをたてることができます。

 

 そしてそのノウハウは、先に始めた人ほど多く蓄積されていくのです。

細かなホームページの作り方はわからなくても、必要なところを理解して、完璧でなくても、まずは早くスタートすることが大切です。

 

 インターネットは「ドッグイヤー」と呼ばれ、現実世界の7倍の速度で時間が過ぎていきます。

ライバルより半年始めるのが遅いということは、実際は3年半もの遅れがあるということです。

3年半ものノウハウの差があったとしたら、それを取り返すのは大変です。

少しでも早く始めましょう!

 例え今は売上げにつながらなかったとしても、少額の予算でも良いから、まずは基本的なホームページを立ち上げましょう。

 ホームページの作り方を把握し、ホームページを立ち上げて運営してみる。

徐々にアクセスを増やすような販促をしていく。

そして、電子メールとホームページを使って商売を広げてゆく。

ひとつひとつステップを踏んでいけばよいのです。でも、とにかく始めないことには、ステップは踏めません。

 

 御社が「最初の一歩」を踏み出すことを、そしてその一歩が「二歩、三歩」につながっていくことを、心からお祈りしております。

ホームページが必須です。

「ホームページなんて、よくわからない」

だいじょうぶです。

これから、みなさんが日常的にして使っていらっしゃる言葉で説明していきます。

とにかく、「これから企業活動を続けて行こう!」とするならば、

ホームページは絶対に必要です

ホームページは荒野の一軒家

その一方で、忘れてはならない重要なポイントがあります。それは、

ホームページは荒野の一軒家だ! ということです。

 

あなたがお店を開くときには、やはり人通りが多い所に支店を出しますよね。

人通りが多い場所であれば、目立つ看板やお洒落なショーウィンドウで、お客さんに気がついてもらえ、後は放っておいても店の中に入ってきてもらえます。

 

でも、インターネットの中では、あなたのホームページの前を通るお客さんは一人もいません。

あなたがインターネットにホームページを出したとしても、あなたのホームページができたということを知っている人は誰もいないのです。

現実の支店であれば、通りを歩いていて新しい店ができれば皆それに気が付きます。

でも、インターネットという荒野では、あなたが支店を出しても、教えてあげなければ誰も知りません。

だからホームページを作っただけでは、お客さんは誰もアクセスしてくれないのです。

 

現実の支店では、

店の前を通るお客さんをいかに店の中に連れてくるか

がポイントです。

 インターネット支店(ホームページ)では、

「あなたのホームページの存在を知らない人に、いかに知ってもらうか

がポイントなのです。

 

したがって、インターネット支店(ホームページ)では、現実の店に比べて、「販促」の重要性が格段に増すわけです。

 

それでは、ホームページのはじめの一歩、「ホームページとは?」です。

 

→次ページ「ホームページとは?」はここをクリック