プロバイダのドメイン名では信頼を得られない

こうしたプロバイダが提供する「プロバイダのドメイン名」を利用するのは、個人であれば問題ありませんが、企業が自社のホームページを開設する場合は、絶対にこれをやってはいけません。

      プロバイダのドメイン名 = 個人のホームページ

      独自ドメイン名      = 企業のホームページ
 

という風にネットユーザーは考えています。

もし御社が、プロバイダのドメイン名でホームページを立ち上げたとすると、お客さんは、「このホームページは個人が運営しているのかも」と考えて、不信感をもたれてしまいます。

通常、それなりの企業がホームページを運営する場合、ほぼ100%自社専用の「独自ドメイン名」を利用します。

従って、高額商品を扱っている企業や、法人相手のビジネスをしている場合、「個人」と同じように「プロバイダーのドメイン名」を利用していると、「この会社は大丈夫かな」と思われて信頼感を得ることが難しくなります。

きちんとした企業であることをアピールし、「信頼感」を高めるという観点からは、御社専用の「企業らしい」HPアドレス、即ち「自社専用の独自ドメイン名」を取得しましょう。

独自ドメイン名とプロバイダのドメイン名

会社にとって社名(商号、屋号、等)は、大変重要です。御社も何とかお客様に「会社名」を覚えてもらおうと、名刺に印刷したり、パンフレットに記載したり、色々と広告を出したり、大変な苦労をされている事と思います。

実は、インターネットにも社名(商号)があります。この「インターネット社名」のことを「ドメイン名」と言います。

電子メールやホームページでおなじみですが、例えばソニーの場合だと、

    ホームページの  http://www.sony.co.jp の  sony.co.jp の部分

    電子メールの    taro_yamada@sony.co.jp の sony.co.jp の部分
 

を「ドメイン名」と言い、インターネットで社名を表す公的な登録事項です。上記のように、企業が運営するホームページやブログの場合、一般的に自社専用の「独自ドメイン名」を利用します。

一方企業ではなく、個人ホームページを開設する場合は、「プロバイダー」の無料スペースを使うため、ホームページアドレス(URL)に「プロバイダーのドメイン名」を使うのが一般的です。例えば「ビッグローブ(biglobe)」というプロバイダの無料スペースを利用して、山田太郎さんがHPを開設した場合、

    山田太郎さんのHP   http://www2u.biglobe.ne.jp/~taro/

というようなHPアドレスになります。上記のように、HPアドレスの一部にプロバイダのドメイン名(biglobe.ne.jp)が含まれていますので、個人用ホームページだとすぐに分かります。