ホームページの家賃:サーバーレンタル料

 ホームページを開設するのに、いくらくらいかかるのかを見てみましょう。 支店を開設するケースと比較しながらご説明しましょう。

 

 支店開設するためにはまずオフィスを借りる必要がありますね。

最初に店舗あるいはオフィスを借りるビルを探して契約するわけです。

 

 これがホームページでは、「サーバーを借りる」ことに該当します。

「ホームページ」という「支店」を「サーバー」という「ビル」に間借りするわけです。

 

 さて、このサーバーのコストですが、自社で全て用意した場合、ハード代+人件費で、大体、年間750万円くらいかかります。 これは自社ビルを建てるようなものですから、当然費用も高いわけです。

 

 一方、サーバー業者を利用した場合は、いくらかかるでしょう。オフィスを借りる時に、立地やビルのタイプで値段が違うように、サーバー業者の費用もピンキリですが、目安としては、

ほとんどサポートなしで、   毎月  4,000円位〜

それなりのサポートつきで、 毎月 10,000円位〜

高機能のサービスつきで、  毎月100,000円位〜

といった感じです。

 

 また、オフィスで最初の契約時に敷金・礼金といった初期コストがかかるように、サーバーを借りるときに入会金が必要になるケースが多いです。

これもサービスによりピンキリですが、

契約時の入会金 1万円〜3万円

といったところが相場です。

ホームページ(コンテンツ)作りにかかる費用

さて現実の支店開設時は、オフィスの契約が終わった後も、支店をオープンするまでにいろいろな初期コストがかかります。

部屋の内装費用、机、展示棚、展示用の商品、パンフレット、といったものです。

 

ホームページでは、これらが「コンテンツ」と呼ばれる表示用のページに該当します。

そしてこのコンテンツ制作コストが、結構馬鹿にならないのです。

ホームページの作り方を学ぶ上で、コストについても知っておきましょう

あるプロジェクトで、外部の業者にホームページ製作を依頼した時には

約250ページのコンテンツで 約1,500万円

もかかりました。

もちろんこのときは、有名なベンダーを利用して、しかも技術的にかなり高度な機能を盛り込んでもらったので、このようなお値段になってしまいました。

でもページあたりで計算すると、

1ページあたりの制作費用 約6万円

というわけです。

この業界では、ページ当たりいくらというホームページの作り方になっています。

上のケースは標準より少し高い価格ですが、

一般的な制作費用   1ページ3〜4万円くらい
格安業者の制作費用  1ページ1〜2万円くらい

といった感じです。

もちろん文書の量とか、写真をどれくらい使うか、等によって価格は上下しますが、大体の目安としてこれくらいはかかると思ってください。

 

したがって、中小企業が自社のホームページを作する場合、7〜8ページ位の比較的小さいホームページであっても、一般的には20〜30万円位はかかります。

少し凝ったホームページを制作すると、すぐ2〜300万円かかってしまいます。

 

しかもホームページというのは最初に作って終わり、というわけにはいきません。

実際の支店でも新製品が出るとパンフレットを変更して差し替えるように、ホームページもコンテンツの変更が必要になります。

そしてその都度、1ページあたり幾らという更新コストが発生するわけです。 

 

→次ページ「みんなにやさしいホームページ」はここをクリック