台湾経済

342914182371.jpg

長い間、台湾と中国は犬猿の仲でしたが、2008年に台湾で国民党の馬英九氏が政権を発足させてから、経済面での中台関係は急速に改善してきました。

特に中台間の投資規制の緩和や、通航、通商、通信の「3通」は大幅に進展しました。
このため、台湾企業による対中投資の環境も整い、それが追い風となり、2010年6月には中台間のFTAといえる両岸経済協力枠組協定が締結されました。

対中投資制限が緩和されたことで、半導体や液晶などのハイテク産業の中国進出の門戸が開かれ、一方で、中国資本による台湾製造業の投資も開放されています。
今や、台湾にとっては中国との連携や分業は、文字通りの「Key Factor for Success」となっており、極めて重要な成長要因となっています。

26281524771.jpg252514154653.jpg